競争社会を勝ち抜くために、どの資格を取ればいいのか考えあぐねる方が少なくないでしょう。昔と比べて価値観が多様化し、経済的にも豊かで便利な時代ではありますが、自分の確固たる地位を築いていくためには努力が必要で、常に気が抜けないと感じている人が多いはずです。ただやみくもにがんばっていても人とは差をつけられないということから、客観的な評価を得る手段として資格取得をしようと考えるのでしょう。
どんな資格でも役には立ちますし無駄になることは決してないのですが、勉強をはじめた資格が自分に向いていないものだったとなると、後悔することになりかねません。どんなすばらしい資格でも、勉強が続かなければ意味がありません。また、資格を取れたとしてもそれにまつわる仕事に就いたとき、自分に向いていないということでつらくなってしまっては大変です。せっかくの前向きな気持ちがそうしたストレスにつながらないためにも、取得する資格を考えるときには今一度自分の「好き」「得意」を棚卸しして、検討してみることが重要だと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です