今の都会は人が多い割りに、隣人との接触もないほどに人々の関係が薄く、地方から都会を目差してきたものの、職場とアパートの往復だけで、孤独を感じる若者の達が多く暮らしています。
都会特有の忙しさから朝も夜もとにかく時間に追われ、常に緊張感をもって過ごしている中で、気を許せる相手も回りにいないとなると、なかなかストレス発散も難しいのではないでしょうか。
身も心も疲れ、へとへとになってしまうと、こんなにつらくさびしい思いをしているのは世界で自分だけというような、孤独感に苛まれてしまうのも無理はありません。
ですが、ちょっと思い直してみてもらいたいです。アパートの隣の人も、下の階の人も、もしかして自分と同じように感じているのではないか?と。思い切って朝顔を見たらあいさつをすることから始めてみたら良いです。あいさつから雑談くらいはできる仲になれば、いざというとき何かと助け合えるかもしれません。防犯、防災などの観点からも、これはぜひ実践してもらいたいことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です